大麻合法化の是非を問う国民投票、来年にも実施の可能性 イタリア

イタリアで大麻の合法化を訴える団体が国民投票の実施に必要な50万人の署名を1週間で集め、来年にも合法化の是非を問う国民投票が行われる見通しになった。

推進団体はフェイスブックの公式ページで、今月30日の期限を前に、わずか1週間で50万人の署名が集まったと発表した。

国民投票で支持されれば、法律に基づき大麻の購入、販売、栽培が合法化される。

大麻の消費はイタリアの刑法で禁止されているわけではなく……

「もう死ぬのかな…」 コロナ感染 20歳の男子学生が語ったこと

デルタ株が猛威をふるう第5波ではこれまでと比べて20代から30代の若い世代の感染が増え、中には症状が悪化する人も出てきています。自力で呼吸ができないほど症状が悪化した20歳の男子学生が取材に応じ「もう自分は死ぬんだなと思った」と、追い込まれた状況を振り返りました。…